読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

almost no memory

漫画、ミステリー小説、ハロプロ、海外ドラマが好き。外出は本屋とIMAXシアターとハロ現場。

3月に子ども生まれた

1月に35歳になったので高齢出産。母親が24で長女の私を生んでいるので自分の初産がこんなに遅くなると子どものころは想像してなかった。
田舎なせいか時代のせいか人生の多様性など知らず、30人のクラスメイト全員に父親も母親もいて、母親はパートか専業主婦が多くて20代で子供を産んでた。そういうところで育ったので、大きくなったら結婚できて自然に子どもも生まれるものだと思ってた。
大学生になって東京に出て卒業してフリーターになって、気づけば母親が結婚した年齢も出産した年齢も追い越していた。そして母親の初産年齢を10年以上も追い越したところでようやく私も一児の母親になった。
結婚したいも子どもほしいも実感としてなかった20代。でもその頃に30過ぎのバイトの先輩に「そのうち細胞がホルモンが子どもほしいっていいだすよ」と言われたことがあった。そのときはそんなものかねと思っていたがその予言通りになった。
30くらいで子どもを産むタイムリミットを意識し始めて、それでものらりくらりしている彼氏に何も言えず2年ほど耐えたあと、ようやく結婚を迫った。このとき付き合って8年。
結婚というか子どもがほしいと話した。彼氏は理系でかつ出産の知識もなかったので、ipadを使いネットにある資料を引用しながら、高齢出産の危険性や子づくりしたからといってすぐ子どもができるわけではないことをプレゼンして結婚にとりつけた。
たぶん、感情論で訴えかけてたら落とせなかったなと今でも思う。理系の男にはデータだ。女の涙など通用しない。
そこからまだのらりくらりしつつも一昨年入籍し、幸運にも半年ほどで妊娠し、先月出産。
そう思うと十月十日も長かったけれど、それ以上に長い道のりを経て我が子が生まれたんだな。
うちの親にとっても待望の初孫で、目じりが下がりっぱなしの日々。
里帰り出産を終えて東京に明日戻るけれど、相当に寂しそうだ。私もまだここにいてあげたいと思う。
赤ん坊はとにかくかわいく、実家で四世代で暮らしているが全員に可愛がられている。
みんなが目じりをさげ、今まで聞いたことないようなネコナデ声で話しかける。
赤ん坊は希望だ。2017年生まれ。現役のSMAPを知らない最初の世代。トランプ政権も教科書で知ることになるんだろう。若い。
今はなにも知らない。けど、これから私が知ることのない世界も知ってくんだということに、赤ん坊が未来だとか希望だと言われる意味がわかった。
汚い話だけど、ご飯を両親と3人で食べているときに普通に赤ん坊のうんちの話ができてしまう。これが愛なのかなとさえ思った。

うんちしても寝ても泣いても笑ってもかわいい赤ん坊の世話をしながら、向こうは私を母親と認識してないんだよなぁ、今誰かにさらわれてもその人にも同じ笑顔をむけるんだよなぁなどと思うせいで、角田光代の「8日目の蝉」をすごくよく思い出す。もうひとつ思い出す小説があるけど、ミステリーでネタバレな気もしてここには書けない。今読むタイミングか分からないけど「8日目の蝉」を読み直そうかな。母親になった今読んだら何か思うところは変わるのか。そう思いつつ相変わらずミステリーを読んでる。

八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

『解錠師』

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

『ニック・メイソンの第2の人生』が面白すぎたので、過去作に戻ってみた。評判は圧倒的に『解錠師』の方がいいし、だから私もずっと前に買ってあって積読していたわけだけど、わたしは断然『ニック・メイソンの第2の人生』の方が好き。
今作は皮肉というか因果というか解錠師になるべくしてなった少年の青春譚。ミステリーじゃないことはわかっていて、前半は過去編の青春譚も現代編の金庫破りの章も楽しめたんだけど、後半なぜか冷めてしまった。集中力をなくしたせいもあるのか誰が誰かわからなくなったところもあり。。
仕方ないとはいえいたたまれなく思えるラストにも主人公の語り口がずっと変わらないせいか、こちらは悲嘆しすぎることなく彼のこのあとの人生はきっとアメリアとうまくいくと思えた。

22歳のあやちょにテイラー・スウィフトの「22」を歌ってほしい


Taylor Swift - 22

22歳のあやちょにテイラー・スウィフトが22歳のときに歌ったこの歌を歌ってほしい!
そして親友たちと撮った女子会なこのPVをアンジュルムメンバーでやってほしい。
きっと楽しい!!
きっとピッタリ!!
きっとかわいくて面白くてしあわせが見れる。
モー娘。17の「モーニング味噌汁」のPVは最高だった。
ああいうPVを待ってるんです。アンジュルムもやろう!

f:id:almostnomemory:20170322155239j:plain


もう半年以上前だけど、22才のバースデーイベントのあやちょの衣装かわいかった。


かわいすぎてゆるしてにゃん。

負ける気がしないのが最高『ニック・メイソンの第二の人生 』

ニック・メイソンの第二の人生 (角川文庫)

ニック・メイソンの第二の人生 (角川文庫)

自分自身がどういう話が好きか再確認。そうそうこういう話が好きなんだ!!
ハードボイルド。塀の中に全能の悪い奴がいて、そいつに見出された友情にあつい今は一匹狼の主人公ニック。ニックのなにがいいってピンチのときも負ける気しないところ。そして家族という急所。愛すべきキャラ設定!
ギャングと悪徳警官がシカゴの街に似合う。そして正義を担う警官と主人公は合間見えるも捕まえられないルパンと銭形みたいな関係。帰りを待つ女。かわいい犬。シビれる大好物ばかりがそろったお話だった。
こういうのもいわゆる俺TUEEEEEというのだろう。どんなピンチになっても、主人公は負ける気がしない。私はそういう話が好きなんだ。『ミレニアム』、『ピルグリム』と同じ引きだしに入れる。こういう話をもっともっと読みたい。どれを読めば出会えるんだ。早くこのニックのシリーズの第2巻も読みたい。

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ピルグリム〔1〕 名前のない男たち (ハヤカワ文庫 NV ヘ)

ピルグリム〔1〕 名前のない男たち (ハヤカワ文庫 NV ヘ)

家族の絆、暴力の連鎖『熊と踊れ』

熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)

熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)

熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)

熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)

不幸な親子関係、暴力の連鎖というところに心が抉られて落ち込んでしまうことを恐れつつ、評判のよさに手に取った。
最後に後押ししてくれたのはどなたかのブログの奈津川サーガみたいという評だ。奈津川サーガ大好きだ。続き早く!
『熊と踊れ』は奈津川サーガの父親と同様にクソ野郎ではあったが、もう少し繊細で人間らしく思った。
兄弟たちを凶行に走らせたのはやっぱり育て方のせいという意味でクソ野郎だ。
しかし愚かな単細胞ながら、不器用かつ間違った愛し方で家族を愛した父親イヴァンを、家族を己のルールで縛りながらそこに愛おしいという気持ち、愛し愛されたいという気持ちを持ち合わせている彼を憎みきれなかった。
こんな風にイヴァンが育ってしまった彼の両親こそがすべての元凶なのではないか。
そう思うと暴力の連鎖を断ち切ることがいかに難しいかを思い知らされる。
長男レオの優秀さが他の方向に向けば、きっと連鎖は断ち切れたであろうに。
もっと救いがないが『心臓を貫かれて』を思い出した。家族の絆、暴力の連鎖、どこからやり直せばこんな事件は起きなかったのか。

海外ミステリで私によくある現象でとにかく本に集中するまですごく時間がかかって、今回もおもしれーーーって夢中になったのは下巻の中盤から。
とにかくずっと、この兄弟の絆が壊れませんようにと祈りながら読んでいた。不幸しか待っていないとわかってはいたから、一層薄目でドキドキ読んでいた。
それが兄弟の絆の崩壊が明確になり、イヴァンがまさかの銀行強盗側で参加する展開に滾った。
どうせ引っ掻き回すだけのクソジョーカー的な役割だと思っていたので。
こんな風な「家族」の物語になるとは思いもよらず、読んで本当に良かったと思った。

そして現実には暴力の連鎖は捕まったこともあるだろうがきっと断ち切られているであろうし、強盗に参加していな弟がいたというのも興味深い。かつ希望があることであった。

心臓を貫かれて〈上〉 (文春文庫)

心臓を貫かれて〈上〉 (文春文庫)

心臓を貫かれて〈下〉 (文春文庫)

心臓を貫かれて〈下〉 (文春文庫)

最高にかわいいし楽しい『日曜日はマルシェでボンボン』

読んでいる間ずっと幸せな気持ちになれる。恋愛ありファンタジックあり、なぜか5巻はミステリーありでバリエーション豊か。
結婚してないパートナーや同性愛などさらっと生活の中に溶け込んでいるところがこれがフランスの空気なのかなぁ。素敵だ。
ジュリエッタマルタンは末長くあんな感じの振り回され振り回すかわいいカップルでいてほしい。
ジュリエッタはおしゃまだけれどしっかり子どもなのがやっぱり最高にかわいいし楽しい。

『QUIERO V.I.P.』

QUIERO V.I.P.

QUIERO V.I.P.

ダンスはうまく踊れないどころかリズム感から置き去りにされている私だけど、「踊れる音楽」っていうのはこういうものかなって思った。楽しい。
片想いは数年前にタワレコクドカンオススメで聞いた。

昔は足繁くタワレコに通って音楽を知ろうとしたこともあったけど、最近は全く行かなくなってしまった。タワレコでの出会いも確実にあるから通いたくもあるけども、なかなか新宿にも渋谷にも行かない。とはいえ、タワレコの目利きさんの代わりをネットの音楽通がしてくれている気もする。
とはいえ、そもそも音楽を全然聞いてないけども。ハロプロ以外。あぁハロプロについてちゃんと言葉にしたい。愛情を文章にしたい。でもオタク友達がいるから話すことで消化されてくんだよなぁ。すごく楽しいことだけども!
こういう片想いの音楽とか、本の話はする相手がいないからブログ書いてるのかもしれない。


片想い「踊る理由」

こんな感じのライブなんだ。素敵。素敵なダンスや踊れてる感じじゃないところに安心とかっこよさが。そして素敵さが。何より音楽を楽しむってこういうことって教えてくれている。動きたいように動けばいいんだ。

少女たちへの応援と鼓舞と喝采『雑草よ 大志を抱け』

「大志を抱け」というタイトル通り、この物語に登場する少女たちへの応援と鼓舞と喝采であった。そして読む私へのそれでもあるように受け止めてしまった。少女たちよ、ではなく、雑草たちよ、というところも感じ入るところがある。

天才は何人もいる『蜜蜂と遠雷』

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

音楽と才能の話が大好きでこれまでそういった漫画はたくさん読んできた。小説でもそのテーマの話があると聞き、発売以来評判も聞いてたこともあって、ワクワクして読み始めた。
そして期待通りでめちゃくちゃめっちゃくちゃ面白かった。
才能の話を書くなら、天才と語り部たる凡人が必要なのかと思ってたが、違った。これは天才と努力家の対比のようなお話ではなかった。一人の天才が圧倒していく話ではない。
嫌味がなくてまっすぐひたむきな天才たちの話。天才たちは誰もこのコンサート中に挫折も対立もしない。
そういう方面のドラマチックな演出をしようと思えばいくらでもできるだろうに、そんなものは一切なくて、彼らの音楽を描きだし表現することで、コンクールそのものがそれだけでいかにエンターテイメントかを見せてくれた。
そして、音楽を言葉に落とし込んだ恩田陸のすごさ。きっと耳の肥えてない私がその音楽を聴くよりも恩田陸がつむいだ言葉を読む方がよっぽど曲を理解できてるだろう。恩田陸、すごい。
そして、圧倒的に異質な塵という少年の「ギフト」素晴らしかった。
ただ個人的に涙がこぼれたのは明石が菱沼賞をもらう電話をうけたところ。
私の心まであらわれるような豊かな気持ちになり、この次にどんな本を読んでいいか分からない。

「作者自身、本当に最後まで順位を決められず、正直、もう誰が優勝でもいいんじゃないかと(笑)。最後の最後に結果は決めましたけど、ああ、私が書きたかったのは、同じステージに立つ演奏家たちが互いにインスパイアされて、どんどん成長する、そこが書きたかったんだと気付きました。そういう意味では、書き尽くしたと思います」

恩田陸のインタビューにある通り本当に誠実に誠実に「同じステージに立つ演奏家たちが互いにインスパイアされて、どんどん成長する」物語があった。小説的な技巧はあくまでも音楽表現に、誰かをあえて書かずに想像させるみたいなものはなくてシンプルに予選から本選まで全員を丁寧に。

気高く尊く強い少女たち『辺獄のシュヴェスタ 5』

辺獄のシュヴェスタ 5 (ビッグコミックス)

辺獄のシュヴェスタ 5 (ビッグコミックス)

面白すぎる。面白すぎる。「この漫画がすごい!」の一位はこれでは?
主人公エラの圧倒的なまでの強さ、賢さ、決断力を尊く思っていたが、巻数を重ねるうちにメンバーみんなが気丈に強く成長している姿、そしてエラがみんなに涙を見せれ頼れるようになっているところにも胸うたれた。
そして、この物語はまだまだ続くのかと思ったら次でまさかの最終巻!寂しいけど、六巻くらいだと人にも勧めやすいかもしれない。果たしてあんな巨悪をどうやって倒すのか?楽しみだ。

仕事ってトラブルシューティングがどれくらい上手くなっていくかだな。

解決方法をたくさん持っておくのはやっぱり経験を重ねるしかないと思う。
そしてその「上手くなる」の中には解決実践だけじゃなく、さいあく相手にどんなに迷惑かけても自分の心がやられないようにすること、自分の身を守ることを優先するという考え方も入ってると思う。
場数を踏んで、これからも進んで行くためには壊れてられない。
怒られても反省はすれど、切り替えれるように。能面で謝罪だ!!
そうして歴戦の猛者たちが自分の身を守るために戦っているのが仕事なのだわ。保身ってことをここでは言いたいんではないけど。
まぁそれでいいんだよな。みんな仕事なんかで心がやられてはダメだ。
ちなみに今回の私は戦いには負けたが、心はそう深手を負ってない。

ページを繰る手が止まらなかった『夫のちんぽが入らない』

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

タイトルからしてセンスのかたまり。面白い。なにこの面白さ。文章がするすると頭の中に入ってくる。文学的表現というと高尚な感じになるけど、たとえや表現に気負ったところはないのにドンピシャで読者にその表現がしっくりこさせるというか。やはり文章がうまい。20年の話と思うとそれぞれに展開は早くも思えるが、とにかくページを繰る手が止まらなかった。

そして想像以上に、ちんぽが入らないことに関する話だった。まえがき読んだ時は、魂のむすびつきみたいな話かと思ったが、そんなファンタジーなところはなく、切実で苦悩する日々の中にでもそれだけが生活でもないことも綴られ、むしろ生活の中のしこりのように、ちんぽの入らさなさが存在していた。

なぜこの性格で著者が教師という職を選んだのか全然分からない。
妻が病んでいく過程で夫はなぜ気づかないんだ、なにもしないんだと思ってたけど気づいていたんだろうな。夫がどういう人物なのかもこの話ではほとんど実像がつかめない。あっけらかんとした明るい人のようでもあるが、それだけのはずがない。なぜたった2日で交際を申し込んだのか。どういう風にちんぽの入らなさを受け入れていったのか。
でも、当事者の一人である妻にも分からないことかもしれないし、書く必要を感じなかったのかもしれない。

これは小説ではなくエッセイなので、あくまでも著者から見た部分しかわからず、夫は、著者を苦しめたミユキはどう思っているのかがわかることはない。小説なら掘り下げられそうなところが掘り下げられてなかったりもする。
そういう分からない部分もたくさんある本だけどとにかく、面白かった。

小説とか何を読んでも最近集中できないと思ってたけど、面白い話を読んでなかっただけなんだ。
オチが気になるとかじゃない、瞬間瞬間、ただその続きが読みたい。素晴らしい読書体験。心地よい読書体験だった。

あと半年で地球が消滅する世界『地上最後の刑事』

地上最後の刑事 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

地上最後の刑事 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

地上最後の刑事 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

地上最後の刑事 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

あと半年で地球が消滅してしまう世界で、殺人事件を真摯に追う刑事の話。
もうこの設定がいい。
ミステリーとしては普通。でもきれいにどのネタも前もって伏線というか小さな引っかかりとしてネタ振ってくれてあったなぁと、事実が提示されて気づく。
余計な文章が一切ない物語だと、あ、これ伏線だなとすぐ思ってしまうのだが、この話はハードボイルドな語りやセンチメンタルな設定がその伏線をうまく隠していたなと思った。
そしてセンチメンタルな設定がちゃんとお話にいきてて良かった。
とはいえ、その語りの部分をけっこう流し読みしてしまってもいたが…。とりあえず、最後に来て妹の秘密というか狙いにテンションあがったんだけども、2巻以降そういう大きな展開はあるのかな?
装丁はSFぽさがあって、元本の方が好き。

動体視力が…『ドクター・ストレンジ』

f:id:almostnomemory:20170202164726j:plain
このシーンがとにかくIMAXで見たくて、公開初日に見てきた。
で、期待のこのシーン。動体視力がないのか、もうすごすぎてちゃんと追えなかった!スローで見たいって何度も思った。
ストーリー展開は、けっこうもたついたというか、もっとテンポよく最近のハリウッドなら見せてくれそうなのになという印象。
見た次の日には内容も全部忘れてスッカラカンみたいな映画でも、「面白かった」か「つまらなかった」かだけは残るんだけど、それでいうと「つまらなかった」かなぁ。「アベンジャーズ」見た時になにこのクソ映画!って思ったんだけど、でも映像とかキャラクターとかで「つまらないけど好き」だったんだけど、「ドクターストレンジ」はクソ映画と思うほどもないけど、うーん何も残らないって感じだった。期待した映像もすごかったんだけど、なんか迫力にかけて。
カンバーバッチにも誰にもキャストに思い入れもなく行ったのだけど、ヒロインがレイチェル・マクアダムスでこれは嬉しかった。
レイチェル・マクアダムスってこんな大作に出るイメージなかったから、ミニシアターを卒業した私はもう彼女に出会えないと思っていたので嬉しい。マジかわいい。とはいえ、レイチェル主演?の『アバウト・タイム』だけはいつか見たいなと思ってる。ラブコメ苦手だけど、『ラブ・アクチュアリー』は面白くてその監督作だから。

奇妙な読み心地『浮遊霊ブラジル』

浮遊霊ブラジル

浮遊霊ブラジル

津村さんがとにかく大好き。しかし、これはよく分からなかった。とくに「給水塔と亀」。この短編で川端康成文学賞を受賞しているらしい。私からしたら、山なし、オチなし、意味なしのこの短編で!?と驚くしかない。文学って分からんな〜。

とはいえ、それ以外の短編には妙に心に残るものもあった。物語消費地獄に落ちた「地獄」とか、急にトラ柄の革ジャン?きていた同級生の謎「個性」とか、海外旅行直前に死んでしまい幽霊になってしまった爺さんは目的地に行けるのか?な「浮遊霊ブラジル」とか。あらすじからしてなんか気になる。そしてどれもいつも津村節で淡々とながら、なにか気持ちのいいリズムの文体と読み心地で楽しませてくれた。

収録作の面白かった順。
「浮遊霊ブラジル」
「うどん屋のジェンダー、またはコルネさん」
「アイトール・ベラスコの新しい妻」
「地獄」
「個性」
「運命」
「給水塔と亀」

うーん、でもやっぱりお仕事小説が読みたいな〜〜。