読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

almost no memory

漫画、ミステリー小説、ハロプロ、海外ドラマが好き。外出は本屋とIMAXシアターとハロ現場。

『解錠師』

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

『ニック・メイソンの第2の人生』が面白すぎたので、過去作に戻ってみた。評判は圧倒的に『解錠師』の方がいいし、だから私もずっと前に買ってあって積読していたわけだけど、わたしは断然『ニック・メイソンの第2の人生』の方が好き。
今作は皮肉というか因果というか解錠師になるべくしてなった少年の青春譚。ミステリーじゃないことはわかっていて、前半は過去編の青春譚も現代編の金庫破りの章も楽しめたんだけど、後半なぜか冷めてしまった。集中力をなくしたせいもあるのか誰が誰かわからなくなったところもあり。。
仕方ないとはいえいたたまれなく思えるラストにも主人公の語り口がずっと変わらないせいか、こちらは悲嘆しすぎることなく彼のこのあとの人生はきっとアメリアとうまくいくと思えた。